【7月17日開催】愛されうさぎのボディートークセッション*満席となりました

自然治癒力の回復で健康を取り戻す!

おくだひろこ先生のセッションをうけてみませんか?

645de898.jpg

「愛されうさぎのボディートーク」

unnamed (8).jpg

開催日/7月17日(月祝)

予約受付開始/6月23日(金)12:00~お電話にて受付いたします。

開催場所/ハウスオブラビットイベントスペース

施術師/米国IBA認定施術士・獣医師 おくだひろこ

施術時間/1名様60分(時間内に問診が含まれます)

料金/お一人様(1うさぎ)7,000円

募集人数/6名様

※セッションは飼い主様にベットに横になっていただきます。

 

【ご予約時間】

①10:00~ ご予約いただきました

②11:00~ ご予約いただきました

③13:00~ ご予約いただきました

④14:00~ ご予約いただきました

⑤15:00~ ご予約いただきました

⑥16:00~ ご予約いただきました

 

●うさぎと同伴をお願いします。

●うさぎを連れてこられない方は、うさぎのお写真を持参してください。

 

【アニマルボディートークとは】

動物(うさぎ)の体は、人間同様に自己治癒する能力を持っています。

野生のうさぎは、この能力を使って自ら素早く治癒しなければなりません。

この能力はすぐに生かせるものです。

環境要因が整っていれば、動物はすぐに治癒するものです。

しかし、人と暮らすうさぎは、多くの点で野生のうさぎとは異なります。

人と関わってきたうさぎは、飼い主の信念システムや感情に敏感になります。

特に飼い主の信念または感情がうさぎに投影されている場合には、うさぎの治癒プロセスを遅らせてしまうことがあります。

人と暮らすうさぎは、飼い主の問題や課題を肩代わりしてしまい、その結果として病気を発症することさえあります。

人間と共存するようになると、態度や行動を学び、病的な感情を経験することがあり、それが健康や治癒能力に影響を与えます。

 

アニマルボディートークを使えば、動物の健康にあらゆる問題に焦点を当てることができます。

ボディートークでバランスをとることで、肉体に非常に良い効果が期待できます。

ボディートークでは、従来の方法では解消することができなかった感情や行動の問題のような問題に焦点を当てることによって、動物の健康のための様々な診療の補完として使うことができます。

 

ペットのうさぎは、飼い主さんと深いつながりがあります。

飼い主さんにそのうさぎのかわりになってもらい、セッションを行います。

ペットのうさぎへのセッションをしているはずが、いつのまにか飼い主さんのセッションにもなってしまっている、ということもよくあります。

このように相互の効果をもたらすこともアニマルボディートークの素晴らしいところです。

 

※アニマルボディートークは、獣医師の治療のかわりにはなりません。

獣医師の治療を補完することを目的としております。

薬物治療、手術、ワクチン接種が必要な症状のための代替療法でもありませんので、ご了承ください。

 

ボディートークの詳しくは下記ページをご覧ください

http://www.bodytalk.co.jp/